母乳 出過ぎ 痛い

母乳 出過ぎ 痛い

産後1ヵ月までは出が悪く、子どもの体重が増えなかった。

 

 

"子どもの1ヵ月検診で体重がほとんど増えていなくて、ミルクを足すように指導されました。

 

2週間ミルクを補い、そこからは母乳でいけるように食事に気を付けたりマッサージしたりで、軌道に乗るようになりました。

 

しかし、本当に足りているのか不安で、スケールを購入し、毎回飲む前とあとでどれだけ飲めているかチェックしたが、たくさん母乳を飲めていることが判明。

 

そこからは完母で過ごせるように。

 

しかし、今度は出過ぎる事が悩みに…

 

3時間以上授乳感覚があくと胸はパンパンに張り、痛すぎて子どもが起きる前に起こして飲ませたり搾乳したり。

 

家にいる時は何とか乗り切れたが、用事で3時間以上外出した時は痛すぎて歩くのも辛くなってしまうほどでした。おまけに母乳が勝手に出てきて母乳パットでは追いつかなくなるほど…

 

私は搾乳が下手なのか、はじめは搾乳で楽になっていたのが段々それだけでは張りが取れなくなり、急いで帰宅し、授乳していました。

 

当然、パンパンに張ったおっぱいを吸われる時は激痛でとても辛かったです。"

 

母乳育児はとても大変ですよね。初産ならなおさら、悩みも大きいと思います。
このサイトに、同じような悩みを抱えている方々のお話がありますので、見てみてくださいね。

出ない時、出過ぎる時それぞれに応じた対処をしました。

 

 

"産後1ヵ月までは出が悪かったので、産院で指導されたように授乳前にマッサージ(胸全体、乳首)をしていました。

 

また、身体を冷やさないように気を付け、食事も和食中心で根菜たっぷりのお味噌汁を作ってよく飲んでいました。

 

でも、子ども3人育ててきて一番思うのは、やっぱりストレスを溜めないようにする事。

 

出ない不安で焦って精神的に落ち込むと余計出なくなり、悪循環に陥るからです。

 

ミルクでもいいや、とゆったり構えると案外出るようになるなぁと実感しました。

 

もちろんそれだけではなく、泣く度に吸わせてもいました。おっぱいに「もっと母乳作らなくては」と思い込ませるかのように。

 

 

 

次は母乳がたくさん出過ぎる時の解決法です。

 

これは私の場合は、子どもに吸ってもらう事が一番でした。

 

搾乳しても限度があり、スッキリ張りもとれなくて…

 

吸わせると余計に母乳が作られるのではと思いましたが、当時の私にはこれしかありませんでした。

 

食事は母乳の出がよくなるものを避けている時期もありましたが、効果はよく分かりませんでした。

 

そうこうしているうちに母乳も安定してきて、ガチガチに張る事もなくなっていました。"

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪


ホーム RSS購読 サイトマップ